だれかに話したくなる本の話

冷たい「敬語」よりも熱意のこもった「タメ語」が好かれる―【書評】『嫌われる敬語 好かれるタメ語』

冷たい「敬語」よりも熱意のこもった「タメ語」が好かれる―【書評】『嫌われる敬語 好かれるタメ語』

 私たちの使う言葉は常に変化しているということは皆さんも感づいていると思うが、「正しい日本語」の模範でもあった「敬語」も、最近では使い方一つで敬遠される言葉となりつつある。 「嫌われる敬語」と「好かれるタメ語」を解説する本書の冒頭で著者は、「喜び、感謝、当惑、わびなどの感情を表現する...