だれかに話したくなる本の話

最新の科学が実証する、脳と体に優しい時間管理術―【書評】『なぜ、できる人は朝コンビニに行くのか?』

生活を朝型に移行すれば、仕事の効率が上がることはよく知られている。しかし実際に行動に移すのはなかなか難しいと感じる人も多いだろう。
 誰もがその必要性を感じていながら、実行に移すことができない朝型生活。根性が足りないと言って、自分を責める人もいるかもしれない。しかし実現できないのは、根性の問題ではない。本当に実行できる方法を知らないからである。

 では、本当に実行できる方法とはどんな方法か。その秘密は体内時計のメカニズムにある。そもそも、私たちは一日を24時間として生活しているが、実は人間の体内時計は一日だいたい25時間のリズムで動いているのだという。
 あなたが「一日がもっと長ければいいな」と感じるのは、体内時計とは1時間短い生活リズムを強いられているあなたの体が求めていることなのだ。この1時間のズレを埋めなければあなたの脳と体は有効に活動しないため、ビジネスやプライベートで力を発揮することは不可能なのである。

 本書では、最新の科学によって可能となった、その1時間のズレを朝型人間の体内リズムに移行する方法を紹介する。睡眠方法や食事改善など根本的なところから科学的に解説されており、説得力のある一冊となっている。

 脳と体にとって無理のない自然な方法で、今度こそ朝型生活を始めてみてはいかがだろうか。
(新刊JPニュース編集部)

◆『なぜ、できる人は朝コンビニに行くのか?―最新の科学でわかった!能率10倍アップの時間管理術』
著者:平澤栄次
出版社:フォレスト出版
定価(税込み):1470円
発売中