だれかに話したくなる本の話

【新刊JPニュースクイズ】初めての営業先との商談にも仮説は必要?

問:オフィス向け事務用品や備品などの営業を担当するA君。継続的な大口発注が見込める企業の発注責任者を紹介されることに。アポイントがとれ、初めての訪問日はもう間近。このとき、A君がやっておくべきことは?

1、取り扱い商品のパンフレットをもれなく揃える
2、ホームページなどから相手企業の概要を把握
3、コストや品質など相手の要求を想定し対応を考える
4、高額の商品券を購入し、手渡す準備をする

気になる答えは? 次のページへ!!

クイズの出典:『成果が上がる! ビジネス思考力トレーニング』(大勝 文仁/監修)

(問題提供:TAC

【新刊JPニュースクイズとは?】
資格の学校TACと新刊JPが、さまざまなビジネスクイズを一問一答形式でお送りしています。月曜日から土曜日に配信予定です。次回は明日、12月27日に配信します。