だれかに話したくなる本の話

自身の能力を高める“名文の暗唱”

自身の能力を高める“名文の暗唱”

 「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり・・・」 中学生の頃、『平家物語』の冒頭の部分を授業で暗唱させられた人は多いだろう。しかし、大人になるにつれ、古典に限らず文章を暗唱する機会は減ってきているのではないか。