だれかに話したくなる本の話

文庫化以来売れ続けているミステリー小説

文庫化以来売れ続けているミステリー小説

 ミステリー小説の面白さといえば、やはり刑事なり探偵なり、つまり事件を追う者がその核心へと向かうプロセスだろう。しかし、そのプロセスに臨場感やリアルさを吹き込むためには、まずは登場人物たちを印象的に描かなければならない。 その視点で見て、優れたミステリー小説だと言えるのが、樋口有介の長編群...