だれかに話したくなる本の話

川端康成が遺した“百合小説”が復刊

川端康成が遺した“百合小説”が復刊

 昭和初期に発表された、とある日本の文豪の小説が再び注目を集めていることをご存知だろうか。ツイッター上ではその小説の読者からは、クールジャパンのひとつの源流だといった声や、映画化を控える人気ライトノベル『マリア様がみてる』と通じるといった意見が寄せられており、現代のアニメやマンガといった文化との...