だれかに話したくなる本の話

子供のネグレクト死を生む社会システムの穴

子供のネグレクト死を生む社会システムの穴

 どの国でも、子どもは未来を担う存在です。特に少子化・高齢化が進む日本においてはその貴重さは言わずもがな。しかし、そんな状況にも関わらず、子どもへの虐待や育児放棄が大きな社会問題となっています。 2010年7月、大阪市西区のワンルームマンションで、三歳の女の子と一歳九ヶ月の男の子が一部白骨化した...