だれかに話したくなる本の話

村上龍が突きつける「絆」が象徴する「この国の問題」

村上龍が突きつける「絆」が象徴する「この国の問題」

 東日本大震災直後から、メディアで「絆」という言葉が氾濫したのは記憶に新しいだろう。一時ほどではないにしろ、震災から一年以上経った今でもこの言葉を目にする機会は多い。 震災は私たちに家族や友人との結びつきの大切さを再認識させ、同時に被災地、被災者のことを忘れず、彼らのために何かしようという...