だれかに話したくなる本の話

あまった食べ物で“循環社会”は実現するか?

あまった食べ物で“循環社会”は実現するか?

 国全体で、日本人は食料の3割を捨てているといわれている。6割の食料と膨大な量の化学肥料を輸入し、膨大な量の食べ物を捨てているのが日本という国の現状なのだ。 誰もが思うだろう、「どうにかしないといけない状態だ」と。そこで注目すべきものが残飯や家畜糞尿だ。これらには多くの可能性が秘められてい...