だれかに話したくなる本の話

“「俺は最低、最悪」と本気で思え” 宋文洲の苛烈なエール

“「俺は最低、最悪」と本気で思え” 宋文洲の苛烈なエール

 「仕事」の中には楽しい業務もあれば、やっていて辛いとしか思えないものもある。だが、任されたからには何とかその仕事を完遂しないといけないし、目標を達成するために努力しなければいけない。また、就職して数年経ち、上の立場になってくると周囲の人たちを気に掛ける配慮も求められる。 そんな風に...