だれかに話したくなる本の話

お月見は元々農耕儀礼だった!知っているようで知らない日本の年中行事

お月見は元々農耕儀礼だった!知っているようで知らない日本の年中行事

今年の十五夜は、9月30日の日曜日。日本では古来、旧暦8月15日の満月を「中秋の名月」とし、お月見と称して楽しんできました。今でも「お月見」は秋の風物詩として、日本人に親しまれていますよね。そんなお月見ですが、その風雅なイメージとは裏腹に、もともとは厳かな農耕儀礼でした。