だれかに話したくなる本の話

元祖“うつ漫画家”を襲った新たな苦悩とは?

元祖“うつ漫画家”を襲った新たな苦悩とは?

 映画化もされた『ツレがうつになりまして。』(幻冬舎/刊)をはじめ、「うつ」を描いたコミックエッセイが幅広い人に読まれている。一時代前は「怠け病」とも言われた「うつ病」だったが、今では「病気」として認識されるようになり、「うつ」で苦しむ人たちの支援活動なども含めて、その状況は大きく変わった。