だれかに話したくなる本の話

日本は本当に“ダメな国”なのか? 国家の本質を知る小説

日本は本当に“ダメな国”なのか? 国家の本質を知る小説

 「日本はダメな国。借金だらけで、年金は破たん寸前。国民は一生懸命働いても全然楽にならない。ころころ総理大臣が変わるし、日本の政治に期待するものはなにもないから市場に介入するな! これからさらにグローバル化が進んで、いずれ国境はなくなっているのだから、一つの国の政治を重要視しても意味がない」