だれかに話したくなる本の話

5分でできる!キレイな鎖骨を作るマッサージ

秋といえば、結婚式が多かったり、何かとオシャレをすることの多い季節。
 そんな季節に女性らしさを引き立ててくれるのが「鎖骨」です。
 鎖骨が美しく浮き上がった胸元は、女性ならば誰でも手に入れたいパーツでしょう。顔や腕が少しくらいぽっちゃりしていても、この部分がすっきりしていれば、若々しく健康的に見えますし、衿ぐりの広い服にも映えて、男性を惹きつけるセクシーさを演出してくれます。
 『みるみる念願の小顔&美脚になれる! 「筋ほぐしマッサージ」』(岩谷恭子/著、扶桑社/刊)は、数々の女性誌で大反響を呼んだ、予約のとれないカリスマサロンのゴッドハンドが初公開する「筋ほぐし」によって、小顔やほっそりとした脚を作るためのマッサージ方法が明かされています。
 本書によると、キレイに浮き上がった鎖骨を作るには、以下のような「筋ほぐし」マッサージをすると効果的なのだそうです。

1.鎖骨の下側のキワをグリグリと下に引きはがす。
 人指し指から薬指の3本を鎖骨の下側のキワにあて、グリグリと円を描くようにしながら下方向に力をかけ、ほぐしていく。
 鎖骨と筋肉の癒着を引きはがすように意識して。
 外側に手をずらしながら、肩先まで同じようにほぐす。やりにくい場合は手を交差して片側ずつやっても大丈夫。
 これを3回繰り返します。

2.鎖骨下の筋肉を下方向にストレッチ。
 さらに下方向に筋肉を引っ張るようにして、ストレッチをしていきます。1と同様、外側に手をずらしながら肩先まで行います。
 これを3回繰り返します。

3.指で鎖骨をつまんで、ゆっくり離す。
 親指と人さし指を鎖骨上下部のキワに入れ込んで、鎖骨をつまむ。鎖骨の内側・中央・外側と、指をずらしながら、3カ所ほどつまむ。
 指が入りにくいところや硬さがある部分は、何度か繰り返す。
 これを3回繰り返します。
 

4.鎖骨の上側に指をひっかけて、深呼吸しながらポンピング。
 人さし指から小指の4本を鎖骨の上側のキワに引っかけるようにして、そのまま3秒、3回深呼吸してから、ゆっくりと指を離す。
 これを3回繰り返します。
 

5.鎖骨の下側から脇に向かってさすり流す。
 親指の付け根部分を鎖骨の下側に密着させ、肩関節の手前のくぼみ部分までリンパをさすり流していきます。
 これを3回繰り返します。
 
 本書のタイトルにもなっている「筋ほぐし」とは、骨や関節と筋肉との癒着を引きはがすこと。本来、筋肉と骨、関節と骨の間には適度なすき間があるべきなのですが、長時間同じ姿勢を続けることによる筋肉の緊張が原因となって、この隙間がなくなり癒着してしまいます。
 今回取り上げたマッサージは、鎖骨と大胸筋の癒着をほぐすと同時に、リンパ節のつまりを解消することができ、すっきりとキレイな鎖骨を作るために一役買ってくれるはず。
 全行程あわせて5分ほどでできますので、オシャレの季節に向けてさっそく初めてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)