だれかに話したくなる本の話

うまくいく人といかない人は“イメージの仕方”が違う

うまくいく人といかない人は“イメージの仕方”が違う

 うまくいく人とうまくいかない人というのはそれぞれいる。例えば、事業に成功する人と失敗する人。試験に受かる人と受からない人。なぜ、両者の結果が大きく分かれるのだろうか。普通の人からしたら、成功者のことを「あの人は不屈の精神の持ち主だ」といった風に見えるのかもしれない。でも、本当にそうなのだろうか...