だれかに話したくなる本の話

センスがない人の部下への接し方

センスがない人の部下への接し方

 日々の生活の中で、何をしていても滲み出てくるのが、その人の“センス”です。 センスのいい人はどこにいても個性的で格好いいですし、センスが悪いと逆の意味で目立ってしまいます。また、仕事の面においても、センスの良し悪しが成果物に影響することがありますし、人間関係の面においても問われることがあり...