だれかに話したくなる本の話

文章が分かりやすくなる「読点」を入れるポイント

文章が分かりやすくなる「読点」を入れるポイント

 レポートや企画書、Facebookやブログなど、文章を書く機会は多い。でも、本当に言いたいことがしっかりと相手に伝わる文章を書けているだろうか。 「てにをは」(助詞)を正しく使うことや読点(、)を打つところなどをしっかり理解すれば、もっと伝わる文章になるのだ。