だれかに話したくなる本の話

「数字が苦手」な人が仕事で陥るワナ

「数字が苦手」な人が仕事で陥るワナ

 社会人として、どんな形であれビジネスと関わる以上、会計や数字について勉強することは避けて通れません。 しかし、何年も働いている人でも「数字は苦手」「会計は難しい」と苦手意識を持っている人は多いもの。そんな人は今さら難しい参考書を買う気にはならないでしょう。 しかし、物語なら話は別。