だれかに話したくなる本の話

ダイエットの成功は仕事に何をもたらすのか

の記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。

 「自分は仕事ができる方だ」と密かに思っていた人が「自分はもっとできたんだ」と知ることがあります。また、はたから見ている分には「もう、充分に素敵ですよ」という人でさえ、もっと魅力が増すこともあります。それが、食べ方をかえて、自分にとっての適正体重を手に入れた人たちです。

 体型を気にして食事をコントロールしている人は少なくありません。でも、日々の食事の選択がもたらすものは「太る」か「痩せる」だけではなく、安易なダイエットは脳までも栄養失調状態にしてしまいます。そのことをもっと多くの人に実感として知っていほしい、と思い書いたのが、近著『気が散る男(ひと)はすぐ太る』(大和書房出版)です。

 健全なダイエットの成功が仕事にもたらすものは、仕事の効率性や生産性の上昇、メンタルの安定、部下からの信頼など、話し始めればキリがないほどです。逆に、ただ痩せることだけに意識を向けたダイエットがもたらすのは、睡眠の質の低下、イライラ、リバウンドしやすい体など望まないものばかりです。

 では、自分が考えていたダイエットは果たして正解なのか? そう思ったときにひとつの指針となるのが「適正体重」です。これは、一般的な数値ではなく、もっとも動きやすく、疲れにくく、気持ちまで軽くなる、自分にとっての適正体重をさします。適正体重を維持する食べ方こそが、もっともパフォーマンスが上がる食べ方でもあるのです。

 本書では、集中力が高まる、痩せる食べ方について、朝昼晩のシーン別に話しています。自分のビジネスを成功させている人、出世街道をのぼる人の多くは、優先順位をつけること、オンオフの切り替えが得意な人が多いです。そのため、仕事に忙殺されてデスクで適当に済ませることはあまりないと思います。でも、誰よりも長時間働いているのに、思うような結果が出ない人の中には、食事をスキップしたり、デスクで食事を取る、というケースが少なくありません。仕事をしながら気軽に食べられるような菓子パンやカップラーメンから得られるのは栄養ではなく、塩分や糖分や油分です。こういった食事こそが、時間を削ってでも仕事をしたのに、結果として、長時間労働を自分に強いることになってしまうのです。

 なぜならば、血糖値が上がった状態で集中力が増すのではなく、血糖値が安定している状態こそが集中できるときだからです。また、塩分の取りすぎで血行が悪くなれば、脳への血流だって悪くなります。そして、このような食事をしていれば太りやすくなることは、言わずもがな、です。

 かといって、外に出かけて「あー! よく食べた!」とお腹いっぱいの状況でデスクに戻れば、体は仕事モードどころか消化モードに入り、その間、脳はしばしお休みタイムとなってしまいます。炭水化物は、すばやくエネルギーに変わるものとして、昼にはちゃんと取ってほしいものですが、多いほど良いというわけではありません。

 外食のごはんの量は通常の1.5倍ほどになっていることもあるので、最初から「ごはんは少な目で」とオーダーするくらいが良いでしょう。昼食後は眠くなる、という人は、昼食で炭水化物を取り過ぎているか、朝食を抜いている傾向があります。どちらも、昼食後の血糖値の極端な上昇を招きます。これこそが、太る上に集中力が落ちる食べ方なのです。

 では、炭水化物の調整でパフォーマンスを落とすのは防げたとして、午後の効率を上げるために、昼に補うべき栄養は? というと、実は、人それぞれなのです。本書の中では、そのそれぞれをどう見つけるかを詳しく述べていますが、ここでは、簡単な選び方について説明します。
 
 もう、本当に初歩的なことでいいのです。メニューを開いたら、「馴染みのあるもの」ではなく「普段、あまり食べない食材」を選ぶ癖づけをしてください。男性は、女性よりも馴染のあるもの、知っている味にひかれがちですが、それでは栄養が偏って、代謝の良い体にするための栄養はもちろん、脳が正常に働くための栄養も不足する可能性が高くなってしまいます。

 選び方は実に簡単です。普段、白米を食べているのならば、雑穀米を選ぶ、肉を食べることが多いなら魚を選ぶ、鶏肉ばかりではなく牛肉を選ぶ、家で生野菜を食べる習慣がないのであれば外ではサラダを足す、と言った具合にです。低カロリー高タンパクだから、と鶏のささみばかり食べていてはダメなのです。

 アメリカのR・ウィリアムズ博士は、栄養素を「生命の鎖」と称し、いわばネックレスのように、どこかに不足があれば鎖が切れやすくなる、と言っています。そばが良い、サラダが良い、そう言い切れれば簡単ですが、仕事と同じように、本当に自分に必要な食べ物を見抜く目、動物的勘を鍛えてほしいと思います。

 また、仕事のストレスから過食に走る、というのはよく聞きますが、深夜の過食は良質な睡眠を妨げ、疲労を癒すことなく翌日を迎え、心のゆとりや集中力を低下させます。残念なのは、睡眠不足になると、食欲が増す、太りやすくなるホルモンがさらに分泌されるようになることです。せめて、過食によってストレスが発散できたらいいのですが、体が重くなっていくのに比例するようにストレス度も増える、というのが実際のところではないでしょうか。でも、この過食に走る要因にも、栄養不足が疑えます。カロリーは取っていても、必要な栄養が充足されていず体が何かしら求めてしまうのです。

 ランチ後にゆとりがあれば、いつもより少し長めの距離を歩いてオフィスに戻ってみてください。食後一時間以内に運動をすると、血糖値の上がり方が抑えられるといいます。つまり、同じものを食べていても、中性脂肪としてため込みにくく、午後の眠気も軽減できるのです。仕事に戻る時間は数分単位で遅くなるかもしれませんが、その後の集中力で失った時間を充分取り戻せるはずです。ただ、激しい運動となるとまた話が変わってきますので、気持ち足早に、昼休みの残り時間でウォーキングするくらいがお勧めです。歩くことで脳に刺激がいくので、長い午後のタスクをサクサクと進める意味でも良いはずです。

 時に、過酷な決断を迫られ、何を差し置いても取り組むべきことがある経営者、リーダーの方。長年、第一線で活躍し続けたいと思ったときには、食事はその土台として欠かせないファクターです。でも、食事だけに注力できないのも現実です。しかし、心身に健康をもたらすダイエットは、我慢からではなく「不足を補う」ところから始めます。生活を大きく変えなくてはいけないような、負担のあるものでもありません。今の生活に何をプラスするともっとよくなるのか。それぞれの答えを本書から見つけていただければ幸いです。

(記事提供:ITmedia エグゼクティブ

■著者プロフィール:笠井奈津子さん
栄養士、食事カウンセラー、フードアナリスト
都内心療内科クリニック併設の研究所で食事カウンセリングに携わり、これまで10,000通り以上の食事記録をもとに栄養指導をしてきた。現在は、心と身体のケアを専門にフリーランスの栄養士として活動をしている。多忙なビジネスマン向けのリアルなアドバイスには定評があり、執筆や講演なども行う。また、作り手のストレスをなくすことも大事、との思いから簡単にできて栄養にも配慮したレシピ提案もしている。