だれかに話したくなる本の話

子どもが勉強するようになる「ことばの工夫」とは?

子どもが勉強するようになる「ことばの工夫」とは?

 算数には「小4の壁」というものがあるという。これは、小学校の算数は4年生の後半から、学ぶ内容の抽象度が上がり、グンと難しくなるということだ。 こういった背景があるのも要因の1つとして、国語、算数、理科、社会の中で特に嫌い、苦手と答える子どもが多いのが算数なのだ。