だれかに話したくなる本の話

あるホームレスのおっちゃんが語った自分の人生

あるホームレスのおっちゃんが語った自分の人生

 人生のなかで、街中ですれ違うだけの人は一体何人くらいいるのだろうか。何百万人、何千万人、いや、それ以上に数え切れないほどの人数とすれ違っているかもしれない。 そうした「すれ違うだけの人」にも、その人なりの人生があり、深い物語があるのだということを感じさせてくれるのが、