だれかに話したくなる本の話

“児童文学のノーベル賞”受賞作家の物語の生み出し方

“児童文学のノーベル賞”受賞作家の物語の生み出し方

 2014年、「児童文学のノーベル賞」と称される国際アンデルセン賞・作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。2009年には、英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞し、海外からの評価も高い作家だ。2016年春からは綾瀬はるかさん主演で『精霊の守り人』がNHKでドラマ化されることが決定している。...

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

「――我が槍は光る枝角」
近しい者を失い、死に場所を求める戦士団<独角>。その頭であったヴァンは、故郷を守る戦に負け、奴隷の身に落とされていた。
ある夜、奴隷たちが働く岩塩鉱に謎の黒い犬たちが襲い掛かる。
謎の病により次々と死んでいく奴隷たち。ヴァンもその身に病の気配を感じるが――。
厳しくも美しい自然に生きる人々の奮闘、生と死の物語がここに!!