だれかに話したくなる本の話

厄介な“気にしすぎ”を治す5つのステップ

厄介な“気にしすぎ”を治す5つのステップ

 他人からみれば「そんなに気にしなくてもいいのに」ということでも、自分にとっては深刻なこと。気になるものは、気になってしまうもの。人間関係、仕事、日常のちょっとしたことでも、気にしすぎの種は転がっている。そして、あまりに気にしすぎてしまうと、自ら生きづらくしてしまうことになる。「気にしすぎ」とい...