だれかに話したくなる本の話

「ライトノベル作家」に夢はありますか? 投稿サイト出身作家に聞く

メディアミックス化されたライトノベル

自作小説を出版社に投稿し、新人賞を取ったり、編集者の目に留まって作家デビュー。そんなデビューの仕方は今、大きく崩れようとしているのかもしれない。

火刑戦旗を掲げよ! 1 (MFブックス)

火刑戦旗を掲げよ! 1 (MFブックス)

ある一人の男が"聖炎の祝祭"により火刑に処された。かつて窮地の王国を救い大陸に安寧をもたらした英雄・サロモン。苛烈な戦術と強烈なカリスマ――彼を崇拝するものは死してなお多い。
時は流れ、王国の辺境の村に一人の不思議な少年が生を受ける。神童と言うべき力を備えたその少年の名はマルコ。
彼と出会った者達は皆魅入られてしまう。まるで彼の中に、かつての勇者・サロモンの面影でも見るように――。
これは運命に導かれるまま波乱の世を生きた男達の物語である。