だれかに話したくなる本の話

愛する人と交われない… 女性たちの人生に影を落とす「女性器コンプレックス」

自分の性器にコンプレックスを持ち、性交渉ができなくなってしまう――そんな、“女性器コンプレックス”を抱く女性たちがいます。

総合商社に勤める33歳の独身女性。
彼女は、20代の10年間、学生時代からの恋人と交際していました。別れたのは、結婚も考えていた30歳の誕生日の直前。理由は彼の浮気でした。

浮気の理由について、彼女は「私とのセックスが悪かったのではないか」と考えています。実は10代の頃から自分の小陰唇が下着からはみ出していることに悩んでいたのです。

「カレとの性格的な相性は良かった。となれば、違いはセックスだけじゃないかと。思い当たるのは“大きすぎる小陰唇のヒダ”のことだけでした」

10年付き合っていた彼氏から、自分の性器について何か指摘されたことは一度もありません。

しかし、この浮気の原因が自分の性器にあると思い込んだ彼女は、その後、お見合いを通して付き合い始めた彼氏ができたものの、性器に対するコンプレックスからセックスを拒絶。交際は解消となりました。

お見合いを勧めた両親には、別れた理由なんてとても言えないと語る彼女は、「生涯セックスのない人生でも仕方がない」と思い始めているそうです。

■交際相手や医師の何気ない一言がコンプレックスの原因にも

このエピソードは、美容婦人科医の喜田直江さんによる『女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩』(幻冬舎刊)に登場する事例の一つです。

女性器コンプレックスとは、その名の通り、女性が自らの性器にコンプレックスを持ってしまうこと。
他人に見られるのが怖い、痛みを恐れて性交渉を持てない、性交渉のつらい経験がトラウマになってしまったなど、コンプレックスの程度や原因はさまざまですが、性交渉ができなくなることのほかに、温泉や大浴場に入れない、婦人科系のがん検診を受けられないなど、生活に支障をきたしてしまうこともあります。

また、コンプレックスを抱くタイミングはさまざま。
前述した女性のように元から悩みを持っていて、何かのきっかけからそのコンプレックスが強くなる人もいれば、付き合っている男性と性交渉中に何気なく言われた一言が引き金になったり、産科や婦人科の医師からセクハラとも受け取れるような言葉を投げかけられてしまったところから、コンプレックスを抱くようになってしまうということもあるといいます。

「お前のは、いままでの彼女たちと違うんだよな」
「出産すれば(あるいは年を取れば)誰でもそう、仕方ない」

これらの言葉が、コンプレックスを抱かせる大きな要因となってしまうのです。

■悩みを他人に打ち明けにくいからこそ深刻化する

もともと産婦人科医としてキャリアをスタートした喜田さんが、間もなく直面したのがこうした女性たちの悩みだったそうです。

出産によって膣がゆるんでしまった、生まれつきの形や大きさに悩んでいる、妊娠を望んでいるのに生交渉ができない…。こうした悩みはとてもデリケートであり、男性医師には相談しにくいものです。また、勇気を出して打ち明けてみても、明確な解決策が提示されないということは珍しくありません。

喜田さんは、多くの女性が「女性器」の正しい知識がないために、おぼろげに女性器コンプレックスを持っていることを指摘します。

本書は、具体的にどんなケアが必要かといったことなど、コンプレックスを解決するための方法を含めて、女性器コンプレックスの実情を捉えています。打ち明けにくい問題だからこそ、知っておきたい情報が詰まった一冊です。

(新刊JP編集部)

『女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩』

女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩

一見してわからない体の部分にかんするコンプレックスなだけに難しい…。

この記事のライター

新刊JP編集部

新刊JP編集部

新刊JP編集部
Twitter : @sinkanjp
Facebook : sinkanjp

このライターの他の記事