だれかに話したくなる本の話

外食コンサルタントが明かす 知らない土地で穴場的名店を見つけるコツ

『神の味噌汁』の著者、鬼頭誠司さん

結婚や就職、転職などの人生の節目は、人生の大きな岐路でもあります。

そこで行う選択を後悔のないものにするために、ぜひやってみていただきたいのが「人生の棚卸」です。

『神の味噌汁』

神の味噌汁

「自分らしく生きればいい」。たった8日間しか開かなかった『呑み屋神』で人々は己の人生の「棚卸」をして泣いて怒って失っていた「何か」を見つける。