だれかに話したくなる本の話

「ADHDは天才肌が多い」は本当か 専門医に聞いてみた

『仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!?』の著者、司馬理英子さん

・待ち合わせや締め切りが守れない。
・部屋を片付けられない。
・集中力が持続しない

などなど、その症状から「社会人失格」のレッテルを貼られがちな「ADHD(注意欠如・多動性障害)」。こうした症状が原因となって会社で何度も怒られたり、あるいは周囲とトラブルになったりして困っている人は少なくありません。

しかし、これらの症状は対処可能なものです。

『仕事&生活の「困った! 」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!?』

仕事&生活の「困った! 」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!?

遅刻、先延ばし、忘れ物、汚部屋…… そんなADHDタイプが社会でラクにサバイブするコツを専門医がストーリー漫画と解説で解き明かす!