だれかに話したくなる本の話

上司のハラスメントを未然に防げる 部下のコミュニケーション術

『誰とでも仲良くなれる敬語の使い方』の著者、松岡友子さん

まだ経験の浅い新社会人は、上司とのちょっとしたやりとりにも、何かと気を遣ってしまうもの。

でも気を遣うあまり、コミュニケーションをとることを恐れ、その結果人間関係がギクシャクしてしまうのは最悪だ。

そこで今回は、『誰とでも仲良くなれる敬語の使い方』(明日香出版社刊)の著者であり、企業向けのマナー研修講師も務める松岡友子さんに、目上の人とコミュニケーションをとる上で大切にすべき心得をうかがった。

『誰とでも仲良くなれる敬語の使い方』

誰とでも仲良くなれる敬語の使い方

不愉快にさせる敬語(間違った敬語)と、正しい敬語をシーン別に紹介。