だれかに話したくなる本の話

キャリア約40年の教育研究者が実践 わが子のリーダーシップを育む方法

『大切なことは、みな子供たちから学んだ』の著者、七田厚さん

書店のビジネス書コーナーに行くと、これでもかというぐらい目に飛び込んでくる「リーダーシップ」と銘打った書籍の数々。実社会に出て、その重要性を痛感し、こうしたテーマの本を手に取った経験のあるビジネスパーソンは少なくないだろう。

だができることなら、大人になってからではなく幼いうちに、「リーダーシップとは何か」を、身をもって学んでおきたいところ。では、わが子にこうした経験を積ませるにはどうすればいいのか。

『大切なことは、みな子供たちから学んだ』(日販アイ・ピー・エス刊)の著者であり、しちだ・教育研究所代表の七田厚さんに、そのポイントをうかがった。

『七田式の原点「大切なことは、みな子供たちから学んだ」』

七田式の原点「大切なことは、みな子供たちから学んだ」

七田式教育を創設し自らも父親であった七田眞氏の子育てを、息子である著者・七田厚が振り返った一冊。