だれかに話したくなる本の話

話が伝わるかどうかは語学スキルや言葉ではない 超大事な「話し方」の磨き方

『あなたの人生を100%変える話し方』(彩雲出版刊)

私事だが、先日アメリカに単身旅行をしてきた。海外に一人で行くのは初めてではないし、語学は苦手だが英語圏だしまあ大丈夫だろうという軽い気持ちで現地に降り立ったのだが、まったく自分の英語が伝わらない。

「あれ、おっかしいなあ。前は結構通じたはずなんだけど」と思っているうちに自信喪失。
あまりにもコミュニケーションができないので、現地の日本人に助けてもらおうと、日本人スタッフがいる店に入って、日本語で質問をした。

「すみません、〇〇っておいてありますか?」
「なんですか?」

日本語すらも通じなかった。確かにそうだ、普段でも質問をして聞き返されることがある。

そのときようやく気づいたのだ。
伝わらないのは、英語や日本語が問題なのではなく、自分の話し方に問題があったということを。

小さい声でゴニョゴニョ言っても、伝わるはずはない。
というわけで大きな声ではっきりと話すようにしたところ、日本語だけではなく英語も伝わるようになり、これで注文が満足にできようになった。

あなたの人生を100%変える話し方

あなたの人生を100%変える話し方

話し方とは「表現力」であり、
自分を表現するときに必要なスキルの一つとして
「話し方」があるということです。

しかし、日常生活で不自由なく会話ができることと、
相手にきちんと気持ちを伝えられる、
相手から好感をもって受け入れられることとはまったく違います。

自分の気持ちをきちんと伝えるには、
技術が必要です。

しかし、現在の日本では「話し方」の技術は学校で教えてくれませんし、
社会に出てもマナーは教えてもらっても「話し方」は教えてくれません。

その結果、きちんと話ができない、
相手に言いたいことが伝わらない、
相手から誤解されるなどの弊害が起こってきます。

みなさんは「話し方」の身に着け方、
その方法を知らないだけです。