だれかに話したくなる本の話

ジャーナリスト・森健が突きとめた、名経営者・小倉昌男の「素顔」と「失敗」(後)

『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』の著者、森健さん

第22回小学館ノンフィクション大賞、ビジネス書大賞2017・審査員特別賞、そして第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞と、トリプル受賞という偉業を成し遂げたジャーナリスト・森健さんの『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』(小学館刊)。

さまざまな方面から絶賛を浴びる本書は、“宅急便の父”として謳われる元ヤマト運輸社長の小倉昌男(1924-2005)の知られざる素顔に迫る一冊であり、ある意味内容はスキャンダルともとれるものである。

「理の人」「厳しい」というイメージの強い小倉昌男だが、彼が抱えていた家族の問題を通して見てみると、そのイメージはガラリと変わる。そして、46億円の私財を福祉活動に投じたという事実の本当の意味が見えてくるだろう。

森さんがこの取材の中で見つけたものとは。インタビュー後編をお伝えする。

小倉昌男 祈りと経営

小倉昌男 祈りと経営

「宅急便」の生みの親であり、ビジネス界不朽のロングセラー『小倉昌男 経営学』の著者として知られる名経営者は、現役引退後、私財46億円を投じて「ヤマト福祉財団」を創設、障害者福祉に晩年を捧げた。しかし、なぜ多額の私財を投じたのか、その理由は何も語られていなかった。取材を進めると、小倉は現役時代から「ある問題」で葛藤を抱え、それが福祉事業に乗り出した背景にあったことがわかってきた――。