だれかに話したくなる本の話

話題の「マインドフルネス」って一体なに? マンガで分かるその内容

「マインドフルネス」って一体なに? マンガで分かるその内容

「マインドフルネス」が世間で広まっている。
これは「今の瞬間に判断をしないで、意図的に注意を払う」という心と脳の状態のことで、ストレスを軽減するなど、心の安定に関する科学的な効果が証明されている。特に、世界的IT企業のグーグルが能力開発のプログラムとしてマインドフルネスを採用したことで注目を集め、2012年以降はフェイスブックやフォードなど、世界各国の企業に導入されている。

しかし「今の瞬間に判断をしないで、意図的に注意を払う」という心の状態を文字で解説されてもチンプンカンプンだ。
ならば『マンガでわかる グーグルのマインドフルネス革命』(サンガ編集部編、方喰正彰原作、花糸イラスト、荻野淳也製作協力、サンガ刊)でマンガを通して知るのも一つの手だ。