だれかに話したくなる本の話

“逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた

『逆境の教科書 ピンチをチャンスに変える思考法』の担当編集者、藤井真也さん

人間、生きていれば必ず「逆境」に立ち向かわなければいけない時が来る。そこで打ちひしがれるか、乗り越えようとあがくかによって未来は変わる。

人はどのように逆境を乗り越えればいいのか。
そのヒントになるのが『逆境の教科書 ピンチをチャンスに変える思考法』(集英社刊)である。著者の山口伸廣さんは、かつて一晩で資産230億円を失うなど信じられない逆風を受けながら、実業家として復活を遂げた人物だ。

そんな本を担当した編集者は、やはり逆境の乗り越え方を熟知しているのか?

本書の担当編集であり、集英社ビジネス書編集部の編集長である藤井真也さんに、新刊JP編集部の金井がインタビューをした!

逆境の教科書 ピンチをチャンスに変える思考法

逆境の教科書 ピンチをチャンスに変える思考法

たった一晩で総資産230億円が消えた! そんなことになったら あなたはどんな行動を取る!?