だれかに話したくなる本の話

海外の名門大学が争奪戦 14歳の天才日本人少年を育てた両親の教育法とは?

『ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法』(扶桑社刊)

我が子の教育は、どんな親も頭を悩ませるところです。

できれば勉強ができる子の方がいい。学歴や英語力などはあって困ることはないわけで…。というのは多くの親に共通する考えでしょう。もちろん、押しつけるのではなく、自主的に学ぶ子になってほしいという思いも同じはずです。

『ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法』

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

カナダ屈指の名門大学5校が奨学金を上乗せして争奪戦を展開した天才少年。そのバックボーンには日本古来の教育法があった!?早期英語教育のヒントも満載!