だれかに話したくなる本の話

女性を圧倒 性欲の強い男性のセックス欲求がすごい

男性から見れば、何歳になっても女性は不可解な生き物。

ですが、女性から見た男性も、やはり結局のところよくわからないと思わされることが多いものです。一緒に歩いている時に、向かいからくる女性を目で追っていたりすると、イラっとする反面「この人はなんで私といる時に、恥ずかしげもなくそんなことをするんだろう」と不思議な気持ちにもなりますよね。

実は、これは男性に特有の脳の性質に理由があります。

『コミックエッセイ 脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?』(中野信子/原案、ユカクマ/画、アスコム/刊)はそんな男性の脳の秘密がわかる一冊。向かいから来る女性を目で追ってしまうのは、こんな理由があるのかもしれません。

■男が「巨乳」や「くびれ」に弱いワケ

全てではありませんが、男性は「巨乳」や「くびれ」が大好き。だからこそ、スタイルに自信がない女性は、それだけで自分には魅力がないと思い悩んでしまうことも…。

本書の著者で、脳科学者の中野信子さんは、こういった男性の嗜好を「健康で優秀な赤ちゃんを産める女性を見極めるためと考えられている」として、本能的なものだとしています。実際、恋愛をする時の男性の脳は、視覚に関わる島皮質という部分が活発になるそうです。

そんな男性が自然に目で追ってしまう女性の特徴が「ウエストとヒップの比率が0.6~0.7」というもの。「ウエスト59cm、ヒップ88cm」のモデル並みのスタイルだと、その比率は59÷88=0.67となります。

そこまでのスタイルを手に入れるのは難しいかもしれませんが、多少ぽっちゃりしていても、くびれさえあれば男性を惹きつける要素を持っていることになるので、彼を夢中にさせる作戦として取り入れるといいかもしれません。

■Hで明かりをつけたがる男性

もう少し、男性脳の性質について紹介すると、男性は性的興奮も視覚と強く結びついています。

たとえば、Hの時に明かりをつけるというのは、女性からしたら恥ずかしいことでしかないわけですが、男性はその方が興奮するそう。

彼らは動きにも反応するため、Hの時は髪や胸など、「揺れるもの」に興奮を覚えます。これもやはり視覚と強く結びついた男性の性欲の特性を表しているといえそうです。

■そもそも何でそんなにエロいの?

ほとんどの女性は「自分より男性の方が性欲が強い」と考えているはず。これも、男女の脳の違いがもたらします。

脳には、性欲をつかさどる中枢があるのですが、その部分の大きさが、男性は女性の2倍もあるのです。また「Hしたい!」という気持ちを湧きあがらせるテストステロンというホルモンの分泌量も、男性は女性の10~20倍と圧倒的です。これでは、男性の方が性欲が強いのは無理もありませんね。

◇ 

脳という観点で男女を比べると、両者の間には思っているよりも大きな違いがあります。本書を通して男性の脳の性質を把握しておけば、彼らにモテたり、好意を持たれるにはどうすればいいかが見えてくるはず。

ただ、「結婚」となると、彼らには違った嗜好が表れます。そのあたりについても本書に詳しく解説されていますので、恋活・婚活の参考にしてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

この記事のライター

新刊JP編集部

新刊JP編集部

新刊JP編集部
Twitter : @sinkanjp
Facebook : sinkanjp

このライターの他の記事