だれかに話したくなる本の話

「プロフィール非公開」の作家が書店で対峙した思わぬ出来事とは?

『Stay My Gold~永遠の輝き~』(幻冬舎刊)

幻冬舎から出版された小説『Stay My Gold~永遠の輝き~』は、残酷な運命に翻弄される主人公の恋と成長を描く本格ラブストーリーだ。
本作のあらすじはこちらから

本作がデビュー作となる作者の藤堂希望さんは、主人公の名前をそのままペンネームとして使っており、かなりミステリアスな存在である。
一体どんな人が書いているのだろう。そして、希望という主人公が持つ強さ、儚さ、そして美しさに作者はどんなメッセージを詰め込んだのだろうか?
興味を抱いた新刊JP編集部は作者にコンタクトを取り、顔出しNGを条件にお話をうかがうことができた。

今回はインタビューの後編だ。 (前編はこちらから

『Stay My Gold ~永遠の輝き~ 』

Stay My Gold ~永遠の輝き~

だれよりも美しくしなやかな肉体を持つ希望。「彼女」はとあるふたつの秘密を抱える。ひとつはあらゆる血液に輸血できる通称「黄金の血」を持つこと。そしてもうひとつ―それは神秘と孤独に満ちた秘密だった。自身に宿るその秘密を知り、打ちのめされていた希望はある日、とある「少年」流風と出逢う。そして、いつしか互いに惹かれあうようになるが―。残酷な運命に翻弄される主人公の、恋と成長を描くだれも見たことがない本格的青春ラブストーリー。