だれかに話したくなる本の話

8年後には123万人の仕事が消滅? 人工知能時代を生き抜き方

『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』(講談社刊)

8年後には、日本国内で123万人の仕事がなくなるかもしれない。
この予想に、あなたは何を思うだろうか。

人工知能(AI)やロボット技術は今や大きく前進し、大規模な「テクノロジー失業」を引き起こすことが予想されている。そして、多くの科学者や経済学者が、もはやその事態は不可避だと考えているようだ。

この問題を経済学の立場で解説した一冊が『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』(鈴木貴博著、講談社刊)だ。

【関連記事】不安?それとも明るい? 人工知能時代に働き方はどう変わるのか

本書では、人間の仕事はいつ、どのような形で消滅し、その過程と未来に何が起こり得るか。そして、それに対してどう立ち向かうべきなのかが論じられている。

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること

どうすれば仕事が消滅しても人間は幸福か?
いま最も必須の知識を解説する一冊!