だれかに話したくなる本の話

叱り方で分かれる「伸びる会社」と「沈む会社」

『「上に立つ人」の仕事のルール』(日本実業出版社刊)

皆さんの会社では、上司はどのような叱り方をしているでしょうか?
ミスをしたとき、ルール違反をしたときなど、叱るタイミングは様々だと思いますが、その叱り方によって、部下の成長、組織の成長は、左右されてしまいます。

「叱る」ことは、組織の未来を作り上げていくためのコミュニケーションである。
そう教えてくれるのが『「上に立つ人」の仕事のルール』(嶋田有孝著、日本実業出版社刊)。

本書は、著者である嶋田氏が新卒から勤めている株式会社日経サービスでの体験を元にした、小説仕立てのビジネス書です。

『苦労して成功した中小企業のオヤジが新人のボクに教えてくれた 「上に立つ人」の仕事のルール』

苦労して成功した中小企業のオヤジが新人のボクに教えてくれた 「上に立つ人」の仕事のルール

本書は、バブル期の大阪を舞台にした、著者の実体験に基づく、小説仕立てのビジネス書です。これからの社会を引っ張っていく人のための、地道だけれども、いつまでも大切にしたい、オヤジからの教えがつまった一冊。