だれかに話したくなる本の話

経営者が考える「若手に身につけてもらいたい力」とは(2)

『頭が勝手に働き出す思考法 少ない努力で最大の成果を出す社長の頭の使い方』の著者で経営者でもある西田芳明さん

自分が勤めている会社に対して、何も不満がない人はむしろ少数派のはず。特に中小企業では経営者と従業員の距離が近いため、自社の経営陣に対して「一言モノ申したい」という人も多いはずだ。

一方、経営者側も、従業員に対して「もっとこうなればいいのに」という思いを持っている。今回はその本音と、若い世代へのアドバイスをうかがうべく、『頭が勝手に働き出す思考法 少ない努力で最大の成果を出す社長の頭の使い方』(現代書林刊)の著者で経営者でもある西田芳明さんにお話をうかがった。その後編をお届けする。

『頭が勝手に働き出す思考法 少ない努力で最大の成果を出す社長の頭の使い方』

頭が勝手に働き出す思考法 少ない努力で最大の成果を出す社長の頭の使い方

営業がヘタ・計画がズザン・アイデアが出ない・部下が育たない…なぜ、あなたは成果を出せないのか?それは、脳のことを知らないからです!建設業界で成長を続けるカリスマ経営者の頭の中をすべて公開します―。