だれかに話したくなる本の話

「海外で普及しない」が定説の飲料自販機を中国で広めた日本企業

『本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?』(集英社刊)

企業の中国進出の難しさを物語る「チャイナリスク」という言葉がある。

取引先の倒産や契約不履行、日本人スタッフと現地採用スタッフの気質の違い、そして反日感情の高まりによる暴動など、これまでにも幾多の日本企業が、あらゆる意味で不安定な中国という国の実情を前に、撤退を余儀なくされてきた。

だが、それでも中国は日本よりはるかに巨大で、成長を続ける魅力的な市場であり、そこで荒波にもまれながらも「勝っている」日本企業もある。

『本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか? 』

本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?

「爆売れ」するには理由がある!ネオ中流層とグローバル中国企業を狙え!現地日本人ビジネスマンたちの熱き挑戦。