だれかに話したくなる本の話

自分のうつを治した精神科医 決め手となった食事法とは?

『薬を使わず自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事』(アスコム刊)

ストレス社会といわれる現代社会では、誰もが「うつになる」可能性を秘めています。

しかし、その原因の一つとされるストレスを解消するのは、なかなか難しいもの。精神科医である宮島賢也さんもそうでした。

長年うつに苦しめられた末、今は回復しているという宮島先生。本人いわく、うつから救ってくれたのは、食事だったそうで、『薬を使わず自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事』(アスコム刊)では、自身が実践した食事法を紹介しています。

『薬を使わず自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事』

薬を使わず自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事

食べ物を変えれば心も体も生まれ変わる。リセット食で体と心の毒出し、日本古来の発酵食品で腸+脳の環境改善、症状別!脳に栄養を与えるサプリご飯など、宮島式“うつ消し”食を紹介。