だれかに話したくなる本の話

幸せが遠ざかっていく「言ってはいけない口ぐせ」3パターン

幸せが遠ざかっていく「言ってはいけない口ぐせ」3パターン

誰しも、口ぐせを持っているものだ。
相づちの打ち方ひとつ取っても、「でも」などのネガティブな言葉を使いたがる人もいれば、「たしかに」などのポジティブな言葉を口ぐせのように使う人もいる。
当然、周囲からは、後者のほうが「前向きな人」「話の腰を折らない人」と、好印象を持たれやすい。

普段何気なく口にしている言葉が、まわりからの印象を左右する。
であれば、口ぐせが人間関係を左右し、ひいては、人生をも左右するということがあってもおかしくない。

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

見えない世界の力を借りて人生大逆転する方法とは?