だれかに話したくなる本の話

日本の観光大国化のカギ 地域振興のプロ集団DMOとは

『日本政策投資銀行 Business Research 観光DMO設計・運営のポイント――DMOで追求する真の観光振興とその先にある地域活性化』(ダイヤモンド社刊)

2020年に東京オリンピックが控えていることもあり、日本にやってくる外国人観光客は、今後さらに増えていくことが見込まれる。

日本政策投資銀行が韓国や中国、台湾などアジア8カ国を対象に行った調査(2017年実施、対象人数:4149人)では、「今後、旅行したい国・地域はどこですか?(複数回答可)」という質問に対し、過半数を超える57%が日本の名前を挙げるなど、旅行先としての日本の人気は依然高い。

しかし、ここで課題になってくるのが、「インバウンドからいかに収益をあげるか」や、「いかに各地域が旅行者を呼び込むか」という点である。

特に後者については、観光が地域振興の切り札と見られていることもあり、さまざまなアイデアが実行されているが、各観光地や施設、自治体が独自におこなっている情報発信やプロモーションといった小規模なものが大半であり、どうしても効果は限定的になってしまう。

まして、日本にやってきた観光客が求めるものは時とともに移り変わり、しかもどんどん細分化している。それらのニーズを汲み上げて、観光コンテンツにフィードバックするマーケティング的な取り組みは、まだほとんどされていないのが実情なのだ。

『日本政策投資銀行 Business Research 観光DMO設計・運営のポイント――DMOで追求する真の観光振興とその先にある地域活性化』

日本政策投資銀行 Business Research 観光DMO設計・運営のポイント――DMOで追求する真の観光振興とその先にある地域活性化

世界的に観光市場の成長が続く中、国内でも先行する欧米に学んだ観光DMOの設立が相次いでいる。この“日本版DMO"には、日本における観光地域づくりの舵取り役として関係者の熱い期待が寄せられている。【日本政策投資銀行地域企画チーム】が先進的な13の代表事例を読み解き、DMO設計・運営のポイントを説く。