だれかに話したくなる本の話

うつ、心の不調から脱出する食事 医師がすすめるポイントは?

『薬を使わず 自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事』(アスコム刊)

一度精神面に不調を抱えてしまうと、回復するのには本人が思っているよりも時間がかかることがあります。

それぞれに自分と相談しながら様々な方法を試すなかで、「食事」に注目して自身の症状を改善させたのが、『薬を使わず 自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事』(アスコム刊)の著者で、精神科医の宮島賢也さんです。

宮島さんが、うつに対抗するための食事でポイントとしていたのは「体に毒を溜めないこと」と「腸内環境を整え、脳を元気にする食事を心がけること」だったそう。

これらは具体的にどういったことなのでしょうか。

『薬を使わず自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事』

薬を使わず自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事

食べ物を変えれば心も体も生まれ変わる。リセット食で体と心の毒出し、日本古来の発酵食品で腸+脳の環境改善、症状別!脳に栄養を与えるサプリご飯など、宮島式“うつ消し”食を紹介。