だれかに話したくなる本の話

波乱の人生を歩んだ経営者が辿り着いた「会社と社員を幸せにするM&A」

『M&Aという選択』(畑野幸治著、プレジデント社刊)

今、日本経済を支える中小企業は危機に瀕している。

帝国データバンクが全国の約29万社を対象に行った「2016年 後継者問題に関する企業の実態調査」では、66.1%の国内企業が「後継者不在」であるという現状が浮き彫りになった。
また、東京商工リサーチによれば、2016年の「休廃業・解体数」は過去最多を記録している。そして、休廃業した企業の代表者の年齢は、60歳以上が82.3%を占めているという。

『M&Aという選択』

M&Aという選択

少年時代、山一証券自主廃業により、人生が変わった著者が「会社と社員を幸せに救う方法」を伝授!小さい会社から大企業まで使える!新しい経営戦略の教科書。