だれかに話したくなる本の話

「この会社に自社を売却したい!」という出会いを創出する「新たなM&A」のカタチとは?

『M&Aという選択』(プレジデント社刊)を著した畑野幸治氏

後継者不足に悩む多くの中小企業経営者が、今注目している「M&A」。大切に育ててきた会社を存続させ、従業員の雇用と将来、経営者自身の生活を守る選択肢の一つとして、現実的に検討する経営者が増えている。

事業を清算しても債務超過の危険性があり、従業員の人生に大きな影響を与えてしまう「廃業」。後継者に大きな負担を強いる「身内への事業承継」。経営と資本を分離させることで、経営者は引退できるものの、高いハードルがある「株式上場」。こうしたデメリットとリスクが大きい選択と一線を画すのが「M&A」という方法だ。

「純資産3000万円」「営業利益が1500万円」「従業員数3、4名程度」の規模の会社でも、1億円ほどで売買成立するケースも多く、M&Aは中小企業にとって実現できる可能性の高い、会社存続の手段だという。

そんな中小企業経営者のための「M&A」の方法を紹介した『M&Aという選択』(プレジデント社刊)の著者で、M&Aアドバイザリー事業及びM&Aプラットフォーム事業を行う「株式会社FUNDBOOK」代表取締役CEO・畑野幸治氏へのインタビュー。

前編では、M&Aのメリットや、畑野氏が目指す「関わる人すべてが幸せになるM&A」についての思いをお聞きした。後編では、M&Aの社会的意義、畑野氏が目指すM&Aの在り方についてお話を伺っていく。

(新刊JP編集部)

『M&Aという選択』

M&Aという選択

少年時代、山一証券自主廃業により、人生が変わった著者が「会社と社員を幸せに救う方法」を伝授!小さい会社から大企業まで使える!新しい経営戦略の教科書。