だれかに話したくなる本の話

『大家さんと僕』が大ヒットのカラテカ・矢部 その意外な読書歴とは?

ベストセラーズインタビュー第94回・矢部太郎さん

出版業界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』
第94回の今回は、各方面から絶賛の声があがっているコミックエッセイ『大家さんと僕』(新潮社刊)で話題を呼んでいる矢部太郎さんの登場です。

矢部さんといえば、1997年高校時代の友人である入江慎也さんとお笑いコンビ「カラテカ」を結成。日本テレビ系「進ぬ!電波少年」をはじめ、バラエティ番組などを中心に活躍されてきました。

そんな矢部さんが今回書き上げたのは、88歳になる大家さんとの日常を描いたマンガ。家族でも恋人でも友達でもない、「大家と入居者」の関係なのに、お茶をしたり、電話したり、一緒に鹿児島旅行をしたり。のんびり、ほっこりしつつ、ちょっと可笑しな毎日が、柔らかな絵柄で書かれています。

矢部さんが驚いた大家さんのエピソード、2人の関係の強さをうかがわせるお話、そして矢部さん自身の読書歴まで、幅広くお話をうかがいました。

前編に引き続き、後編をお届けします。【前編はこちらから

(インタビュー:ASUKA、金井元貴、記事・撮影:金井元貴)

大家さんと僕

大家さんと僕

大切な人をもっと大切にしたくなる、泣き笑い、奇跡の実話漫画!