だれかに話したくなる本の話

ある損保の信じられないエピソード

ある損保の信じられないエピソード

 2005年に社会問題になり、保険業界全体の腐敗が露呈した「保険金不払い事件」は記憶に新しいですが、依然として“保険に入っておけば大丈夫”という保険業界への信頼は揺るぎないものです。 しかし、“交通事故が起きたなら保険金が下りるのは当然”という考えを絶対視するのは危険なことであるようです。