だれかに話したくなる本の話

「世界のはじまり」に想像をめぐらす 『この世界のはじまりの物語』

 白水社は6月に『この世界のはじまりの物語』を刊行する。著者は松村一男氏。定価は1575円(税込)。四六判。 本書は、白水社から刊行されている単行本シリーズ「地球のカタチ」の最新刊となる。 「地球のカタチ」は2007年11月のシリーズ創刊以来、多角的な視点から分かりやすく地球の文化や環境、...