だれかに話したくなる本の話

第1回伊丹十三賞に糸井重里氏―『ほぼ日刊イトイ新聞』を評価

 優れた芸術活動を表彰する「第1回伊丹十三賞」(主催/財団法人ITM伊丹記念財団)が19日発表となり、コピーライターの糸井重里氏が受賞した。また、同日、東京都内にて贈呈式も行われた。賞金は100万円。 糸井氏は1998年にインターネット上に『ほぼ日刊イトイ新聞』を開設。現在、一日の総アクセス数が1...